紫外線吸収剤 紫外線散乱剤

紫外線吸収剤 紫外線散乱剤

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いとは?日焼け止めの使い分け方法

肌に負担のない日焼け止めを求める方にとって、「紫外線吸収剤」と「紫外線吸収剤不使用(紫外線散乱剤)」というのは、気になるワードですよね。

一般的に、ノンケミカルの日焼け止めというと紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを指します。

今の日焼け止めは、紫外線吸収剤入りでも肌への刺激が少ないので、ひどく気にする必要はないのですが、こちらで少し詳しく見ていきます。

紫外線吸収剤は肌に悪い?

紫外線吸収剤は、昔から日焼け止めに使われていた成分。紫外線を肌で吸収した後、熱エネルギーや赤外線など、別なエネルギーに変換することで紫外線が肌へ侵入するのを防ぎます。

化学反応を起こすため、人によっては刺激を感じる事があります。そのため、紫外線吸収剤を使用しない紫外線散乱剤(吸収するのではなく皮膚表面で跳ね返す)入りの日焼け止めが注目されるようになりました。

紫外線吸収剤は紫外線を反射し、散乱させることで肌を守ります。吸収剤と比べると紫外線をブロックする効果は低いですが、肌への影響は散乱剤の方が低いといわれています。

両者の違いを単純に比較すると、

日焼け止め効果が高いのは、紫外線吸収剤入り。肌への刺激が低いのは紫外線吸収剤不使用(紫外線散乱剤)の日焼け止めです。

ただ、先ほども述べたように、最近の日焼け止めは紫外線吸収剤入りでも肌に優しいものが増えています。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のそれぞれのメリット・デメリット

紫外線吸収剤

メリット
  • 日焼け止め効果が高い
  • 透明で比較的白く残りにくい
  • 塗り心地はさらさらしている
  • 汗に強い
デメリット
  • 人によっては肌への刺激がある
  • 化学反応により効果が下がるので、こまめな塗り直しが必要
紫外線吸収剤の表示成分
紫外線吸収剤は含まれているかどうかは成分表で確認することができます。紫外線吸収剤に分類される主な成分は以下の通りです。

・メトキシケイヒ酸オクチル
・t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・オクチルトリアゾン
・パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシル

紫外線散乱剤

メリット
  • 低刺激なものが多く、敏感肌の人に向いている
デメリット
  • 比較的白く残りやすい
  • 塗り心地はこってりしている
  • 日焼け止め効果が弱い
  • 汗・水に弱い
  • 汗で流れやすいので、こまめな塗り直しが必要
紫外線散乱剤の表示成分
・酸化亜鉛 
・酸化チタン

日焼け止めの中には紫外線散乱剤とともに吸収剤が含まれているものもあるため、以上の成分名の記載があるかどうかとともに、吸収剤として知られている成分名の記載がないか合わせて確認する必要があります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の使い分け方法

紫外線吸収剤入り日焼け止めのデメリットであった、「肌への刺激」。

こちらは、以前と比べて紫外線吸収剤入りでも肌への刺激を最小限に抑えて作られています。

また、紫外線散乱剤入り日焼け止めのデメリットであった「白く残る」「効果が弱い」という点も、解消された商品が出てくるようになりました。

さらに、紫外線吸収剤・紫外線散乱剤どちらも配合された日焼け止めも増えてきています。

だんだん境界線が無くなりつつある両者ですが、使い分けるとしたら、現時点では次のような使い方がおすすめです。

日焼け止めの使い分け
  • プールや海で過ごす→紫外線吸収剤入り日焼け止め
  • 5月〜10月にかけて、長時間外で過ごす→紫外線吸収剤入り日焼け止め
  • 普段の生活→どちらでも良い。少しでも肌への負担を減らしたいなら、紫外線散乱剤入り日焼け止め
  • ほとんど家の中にいる時→どちらでも良い。少しでも肌への負担を減らしたいなら、紫外線散乱剤入り日焼け止め

おすすめの日焼け止め

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド/POLA

紫外線散乱剤入り(紫外線吸収剤無配合)
SPF30、PA+++
専用クレンジング不要

秋冬はもちろん、夏でも日常的に使いやすく、1年を通して使っている事の多い日焼け止め。

紫外線吸収剤不使用ながら、白浮きせず肌も乾かず使いやすいです。

2歳以上の幼児を対象としたプラクティカルテストやアレルギーテストを実施しているため、お子様にも安心して使用できます。ママとお子様で一緒に使える日焼け止めを探している方におすすめです。

公式サイトはこちら>>


ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト/POLA

紫外線吸収剤入り
SPF50・PA++++
専用クレンジング不要

こちらは、特に5月以降、外出する機会が多い時に使用しています。さらっとしていてとても使いやすい日焼け止め。ビタミンC誘導体が入り、日焼け止めなのに美白ケアも出来る点がお気に入り。

公式サイトはこちら>>

ウェアルーUVベース/HANAオーガニック

紫外線散乱剤入り(紫外線吸収剤無配合)
SPF30、PA++
専用クレンジング不要

化粧下地にもなる100%天然成分の日焼け止め。光反射作用により、肌がとても綺麗に見えます。女子会ランチなど、すっぴんを綺麗に見せたい時に大活躍。

公式サイトはこちら>>

パーフェクトUVミルク/雪肌精

紫外線吸収剤、散乱剤入り
SPF50+/PA++++
専用クレンジング不要

紫外線吸収剤を配合してはいますが、紫外線散乱剤である酸化亜鉛も含まれているほか、ハトムギエキスやホホバ種子油などの天然成分を多く含んでいます。