日傘 完全遮光

日傘 完全遮光

日傘を選ぶなら完全遮光で!日焼け止めが塗れない人におすすめの日傘

夏はUV対策に日傘を使っている人は多いですよね?今はおしゃれな日傘もたくさん!

 

5年前に買った、ピンクの可愛い日傘がお気に入り〜♪

 

5年前に買った日傘だと、もうUV効果はないかもよ!あと、日傘の色が両面ピンクなら紫外線カットは、あまりできていなかったはず。

日傘の正しい選び方や使い方を知っていますか?

日傘を使う目的は、暑いから強い日差しを避けたい、紫外線対策をして日焼けを防ぎたい、日光アレルギーで日焼け止めを使えない等ありますが、効果的な日傘の選び方を知らない人は多いようです。
  1. 空からの紫外線を防げばOKでしょ?
  2. 昔買った日傘をずっと使っている
  3. 遮光1級・遮光率99.9%だから安心のはず
使用条件や製品にもよりますが、基本的に↑は、全部NGです。

以下、理由を説明してきます。

1)空からの紫外線だけでなく、地面からの照り返しにも気を付ける

→日傘の内側は、基本的に「黒色」を選ぶ!

服や帽子を選ぶ際にもあてはまりますが、黒や紺などの濃い色は紫外線カットをしやすく、白など薄い色は紫外線を通しやすいという特徴があります。

日傘の場合、外側の色はどれを選んでもOKです。しかし内側の色は「黒色」がベスト。内側の色が白やシルバーなど薄い色だと、照り返しが顔、目、身体に反射してかえって日焼けをしてしまいます。

黒は紫外線を反射するのではなく吸収するので反射を防ぎます。そのため照り返しによる日焼けを防ぐ事ができます。

内側が「黒」じゃなくてもOKな日傘もある
メーカーによっては、生地に遮光率100%のものを使い、また製法により色に限らず完全遮光の日傘を販売している所もあります。(サンバリア100など)

2)日傘の寿命は、2〜3年のものも多い

→UVカット加工の日傘は定期的に買い替えを

日傘には、「UVカット率」、「遮光率」などと表記されていますが、この違いをご存じでしょうか?

UVカット加工とは、生地に紫外線吸収剤、反射剤などを付けたもの。日傘の場合、UVカット効果は2〜3年ほどです。定期的に買い替えが必要ですが、その分、お値段も安めです。

遮光率とは日光から降り注ぐ「紫外線」、「可視光線」、「赤外線」の全てを遮る数値を表したもの。生地そのものが遮光構造なもの、またはラミネート加工により完全遮光なものなどがあります。完全遮光の日傘は、生地が破れなければ永久的に使えます。値段はUVカットと比較すると高くなります。

特に遮光率について表記がない日傘は、UVカット加工になるので、2〜3年おきに買い替えをするようにしましょう!

完全遮光の日傘と比較すると、紫外線カット効果は落ちますが、日光アレルギーではなく、日焼け止めと併用できる方や、同じデザインだとあきやすい方は、UVカット加工の日傘を選ぶのもアリですよ。

3)遮光1級・遮光率99.99%でも、紫外線を通してしまうから注意

→極力、日に当たるのを防ぎたいのなら、完全遮光の日傘を選ぶ!

永久的に効果が持続する日傘を選びたいのなら、遮光率にこだわりたいもの。

UVカット率ではなく、遮光率で表記され、また遮光率99.99%なんて聞くと、ほぼ完ぺきに紫外線をカットしてくれそうですよね?さらに「1級」なんて書いてあったら、すごく良さそう!

でも、完全遮光の100%と99.99%の日傘を比較すると、わずか0.01%とはいえ、かなり大きな差があります。

例えば、日傘の内側に手やものなどを当てた時、完全遮光100%の日傘だと、その形は外から見えないのに、99.99%の日傘だと、形がくっきり見えてしまうほど。

傘の遮光率には等級が決められ、遮光率が高いほど紫外線を含む全ての遮光効果が高くなります。
  • 遮光率100%:完全遮光日傘
  • 遮光率99.99%以上:一級遮光傘
  • 遮光率99.80%以上~99.99%未満:二級遮光傘
  • 遮光率99.4%以上~99.80%未満:三級遮光傘
お伝えしたように、完全遮光傘と一級遮光傘との差はわずか0.01%ですが、このわずかな数値が紫外線カット率を大きく左右します。

日焼け止めが塗れない方は、完全遮光傘がおすすめですよ!

尚、100%の遮光率でも、生地が破れるともちろんその効果は落ちます。修理、または買い替えをしてくださいね。

日焼け止めが塗れない人のための、完全遮光おすすめ日傘

紫外線のうち、UV-Aは天候に左右されることなく降り注いでいるため、日焼け止めの塗れない方は曇りの日でも日傘をさすようにしましょう。

朝は日傘をさして外出しても、日光も沈んだ夜になると邪魔になることがあります。持ち運びができる折り畳み式は、使わない時はカバンに入れることができるので便利ですよ。

ロサブラン/100%完全遮光日傘 2段折りラージ(男女兼用)

晴雨兼用の完全遮光日傘で、内側は黒くラミネート加工されているため、地面に当たった紫外線の跳ね返りを防ぐことができます。こちらの日傘は男女兼用なので、男性がさしていても恥ずかしくないデザインです。

折りたたみ式の日傘はサイズが小さいことが多いのですが、こちらは直径約104cmのラージタイプなので、しっかり紫外線をカットすることができます。

サンバリア100/完全遮光日傘 3段折りたたみ傘

完全遮光日傘で、外側は明るい色や柄が入っていても、内側は黒くラミネート加工されているため、地面に当たった紫外線の跳ね返りを防ぐことができます。

3段折りたたみ式でありながら、広げると直径は約96pと同社の2段折りたたみ式よりも大きくなり、小さいながらもしっかり役目を果たしてくれる日傘です。毎日でも使える丈夫さを追求して作られた日傘は、台風並みの強さの風を正面から受けても耐えられるほどの耐久性があります。

 

上記で紹介したメーカーは、完全遮光の傘の種類もたくさん!楽天でも扱っているので、いろいろ見てみてくださいね。