シミ 原因

シミ 原因

シミの原因別対策方法

シミというと、年齢や紫外線が原因のイメージがありますよね。

でも、そればかりでなく乾燥や血行不良、ストレス、摩擦などが原因でもシミは出来やすくなります。

ここでは、シミの原因1つ1つに対して対策方法をあげたものをまとめています!

シミの種類別

老人性シミ(老人性色素斑)

紫外線、日焼けが原因のシミです。30代頃からポツポツ出来始め、40歳頃から増えてきたと感じる事が多いシミです。

シミの特徴としては、頬、こめかみを中心にできます。平坦で丸い形をしていて、小さい数ミリ程度のものから、大きい数十ミリ程度のものまであります。

出来立ての老人性シミは美白化粧品で効果が出やすいので、気になったらビタミンC誘導体などで早めのケアがおすすめです。

関連ページ:老人性シミ(老人性色素斑)におすすめの化粧品

炎症性色素沈着(摩擦やかぶれなどによるシミ)

洗顔、マッサージ、虫刺され、ニキビ、メガネなどが原因で出来るシミです。

原因があるため、シミの大きさや濃さは様々。放っておくと自然と治る事もありますが、慢性化すると消えにくいシミです。

関連ページ:摩擦による肌のシミ「炎症性色素沈着」に悩む人におすすめ化粧品5選

そばかす

そばかすはシミと違って、遺伝性の要素が強いものです。色白の人がソバカスになりやすいという特徴があります。

関連ページ:そばかすを消す方法をまとめてみた<レーザー治療・薬・化粧品成分>

シミの原因になるもの

産後のシミ

産後、シミだらけになってギョッとしている方もいるかと思います。これは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が増えるため、メラノサイトが活性化しシミが濃くなるからです。

産後のシミ対策に使う化粧品は、低刺激なものを、さらにシミ用クリームであれば、スキンケアの最後に使うので産後の不安定な肌の状態でも使いやすいのでおすすめです。

関連ページ:産後のシミ対策!低刺激シミクリーム〜レーザー治療までまとめ

血行不良

血行不良もシミやくすみに大きく関係しています。血液とともに体の隅々に送られるはずの酸素や栄養が行き届かなくなり、老廃物も排出されにくくなるため、肌が汚れ、シミが発生しやすくなるからです。

血行不良はストレスが原因の事が多く、ゆっくり呼吸をする事、リンパマッサージによるケアがおすすめです。

関連ページ:シミ・くすみの原因は血行不良?血行促進で肌を明るく♪