ピュアビタミンC ビタミンC誘導体化粧品

ピュアビタミンC ビタミンC誘導体化粧品

ピュアビタミンCとビタミンC誘導体化粧品の違い。私に合うのはどっち?

ピュアビタミンCとビタミンC誘導体化粧品の違い。私に合うのは?

「ピュアビタミンC」と「ビタミンC誘導体」。

どちらも美白効を始め美肌に大きな力を持つビタミンCを使った成分ですが、実際どのような違いがあるのかご存じでしょうか?

実は、それぞれ性質が異なり、効き目や使い方に大きな違いがあるんです。

今回は、ピュアビタミンCとビタミンC誘導体の違いについて徹底解説!それぞれにどのようなメリット・デメリットがあり、どんな肌の人に合うのかを見ていきますね♪

ピュアビタミンC VSビタミンC誘導体 効果の違い

ビタミンCの効果は本当に素晴らしくて、シミ、くすみ、シワ、ニキビ、ニキビ跡、毛穴の黒ずみや開き、たるみなど色々な悩みに使えます。ただ、ビタミンCそのままでは、肌へ浸透していかず、酸化しやすいのでそのまま使うとかえってシミなど肌トラブルの原因になります。

そのままでは使えないビタミンCを化粧品に使えるよう加工されたのが、ピュアビタミンCとビタミンC誘導体です。

 

簡単に比較してしまえば、ピュアビタミンCの方がよりビタミンCのパワーを発揮でき、美肌効果は上です。

しかしピュアビタミンCの方が良いか?といえばそう単純ではありません。

ピュアビタミンCのメリットとデメリット

ピュアビタミンCとビタミンC誘導体化粧品の違い。私に合うのは?

ピュアビタミンCとは、名前の通りビタミンCそのものです。

ピュアビタミンC化粧品は、扱いの難しいビタミンCを成分を、壊さず安定化させ浸透させたものです。

肌に入った後すぐに効果を発揮するという特長があり、塗布した翌朝には効果を実感できるともいわれるほど、即効性の高さには定評があるのがピュアビタミンCです。またビタミンCを高濃度にすることで、より高い効果を得ることもできます。

しかし、ピュアビタミンCはとてもデリケートな成分。肌に浸透する前に壊れてしまったり、保存方法にも気を使わなくてはならない製品もあります。

化粧水や美容液にビタミンCが含まれている状態なので、肌につけるとビタミンCが表面に残ります。その状態で紫外線にあたるとシミの原因になる事もあるので、ピュアビタミンCを使う際は、日焼け対策をしっかり行う必要があります。

日焼け止めをしっかり塗る自信がない場合は、朝の使用を控え、夜のみの使用に抑えたが方が良いです。

またピュアビタミンCは、皮脂を抑制する働きがあるためとても乾燥しやすいというデメリットも。

加えて、高濃度になるほど刺激が強くなるので、敏感肌の方は刺激を感じてしまう可能性もあります。乾燥肌の方や敏感肌の方は使いづらいのが実状です。

ピュアビタミンCのメリット
  • 即効性がある
  • 効果が高い
ピュアビタミンCのデメリット
  • 乾燥しやすい
  • 敏感肌の方は刺激を感じる場合もある
  • 紫外線にあたるとシミの原因になるので日焼け予防はしっかりと

ビタミンC誘導体のメリット・デメリット

ピュアビタミンCとビタミンC誘導体化粧品の違い。私に合うのは?

ビタミンC誘導体は、使う人やタイミングをそれほど選ばない成分です。

化粧水や美容液に含まれた状態では、まだビタミンCの状態にはなっていなくて、肌に浸透した後、体内の酵素などと結びついてビタミンCに変換されます。

そのため、肌表面に化粧水などの成分が残ってもまだビタミンCにはなっていないので、紫外線にあたっても、それがシミの原因になる事はありません。 

日差しの強い夏の朝でも、パシャパシャと気兼ねなく使えます。またピュアビタミンCのように、ガツンと効いている!と感覚がない反面、刺激も少なく乾燥肌や敏感肌の人でも使いやすいです。

ピュアビタミンCに比べてとても扱いやすく、多くの美白系化粧品に取り入れられているのが、このビタミンC誘導体です。

しかし、ビタミンC誘導体は、ビタミンCを誘導体化した成分。

肌に吸収された後、誘導体部分と離れてビタミンCそのものに戻るので、効果を発揮するまでに時間がかかります。

また成分のすべてがビタミンCに変換されない事もあり、効果もマイルドになるというデメリットも挙げられます。

ビタミンC誘導体のメリット
  • 日中でも使いやすい
  • 乾燥しにくい
  • 刺激が少ない
ビタミンC誘導体のデメリット
  • 即効性に欠ける
  • ピュアビタミンCに比べると効果は弱い

 

即効性はあるものの、デリケートなピュアビタミンCは、ちょっぴり扱いが難しい部分もあります。

乾燥肌の白ゆきは、どちらも使いますが、日常的に毎日使いやすいのはビタミンC誘導体、シミが気になる箇所にピンポイントで使いやすいのがピュアビタミンCです。

目的に合わせて使い分けよう

以上のメリット・デメリットを踏まえ、目的に合わせて選んでいきましょう。

肌の悩みに合わせて選ぶ!

まずは、今の肌の悩みを挙げ、どちらが効果的かを考慮してみましょう。

「シミやくすみだけが気になるので、とにかく早く美白効果を得たい!」
即効性のあるピュアビタミンCがおすすめです。

シミやくすみに加えて、乾燥肌でもお悩みの方
→皮脂抑制作用により乾燥を招くピュアビタミンCはよりも、ビタミンC誘導体がおすすめ

敏感肌の方
→刺激が強いピュアビタミンCよりも、効果がマイルドなビタミンC誘導体の方が適しているといえます。

使いやすさで選ぶ!

スキンケア化粧品は毎日使うものですから、使いやすさも考慮したいポイント!
その点は、デリケートなピュアビタミンCよりも、安定性のあるビタミンC誘導体が優勢です。

しつこいけれど、ビタミンC誘導体の特徴
  • 朝や日中でも気兼ねなく使える(ピュアビタミンCは紫外線にあたるとシミの原因になる)
  • 肌が乾燥しにくい
  • マイルドなのでピリピリしづらい
化粧品の取り扱いに注意し、保湿のスキンケアもしっかりできる方は、ピュアビタミンCも使いこなせそうですが、「もっと手軽に取り入れたい!」という方にはビタミンC誘導体がよいでしょう。

ピュアビタミンC ビタミンC誘導体


シミの深刻な悩みに!おすすめのピュアビタミンC化粧品>>


毎日化粧水や美容液代わりに使いやすい!おすすめのビタミンC誘導体>>

 

「ピュアビタミンC」と「ビタミンC誘導体」は、似たようなイメージがありますが、このように効果や使用感に、ハッキリとした違いがみられます。

それぞれのメリット・デメリットを把握し、自分の肌の悩みや、使い勝手を考慮して選んでいきましょう♪