美白化粧品

美白化粧品

美白に関する不安、白ゆきが解消します♪

透明感を手に入れる!おすすめ美白化粧品とシミ撃退方法 | 白ゆき

 

ふと鏡を見たらいつの間にかシミが増えてた・・・肌もくすんでいる・・・このままだとシミだらけでどんよりした顔になっちゃいそう。美白化粧品でなんとかならないの?

シミやくすみの無い透明感のある肌を手に入れるために、「今のシミを薄くする方法」「シミを増やさない・くすませないお手入れ方法」「将来の美肌にむけての簡単なお手入れ方法」の3つを知る事が大事なのよ。→シミ対策に必要な事

効果を出すための美白化粧品の選び方

保湿力が高いものを選ぶ

 

出来たばかりのシミの場合、保湿を丁寧に行うだけでもシミが消える事があります。逆に保湿が足らないとシミが出来やすくなり、肌も固くなってくすみがちになります。それぐらい保湿は重要です。
ピリピリが続くものは使用をやめる

 

肌は刺激を受け続けると炎症を起こしやすくなります。炎症が続くとメラノサイトが活性化し、シミが出来てしまいます。またくすみの原因にもなります。使ってピリピリが続くようであれば使用はやめましょう。
濃いシミにはハイドロキノン入りがおすすめ

 

ハイドロキノンは、シミ消し効果が高い美白成分で、皮膚科のシミ消し治療でも使われています。

おすすめの美白化粧品ランキング

 
ビーグレン ホワイトプログラム

シミの悩みが深い人・くすみがちな人に!

ビーグレンの特徴

シミ消しに高い効果のある「ハイドロキノン」配合(ハイドロキノンはホワイトクリームに配合)。もともと美白効果は高いながらも保湿力はやや弱めでしたが、美白保湿化粧水のリニューアルにより、長時間の保湿が可能に。シミ消し、シミ予防、保湿と非常に高機能です!

濃いシミ シミ予防 保湿 低刺激

ビーグレンの感想by白ゆき

ビーグレンが優れているのは、なんといっても今あるシミをどうにかしたい、という人が使える点。ハイドロキノン自体は高い美白効果があるけれど、不安定な成分です。そのままだと肌で美白成分として働きません。でもビーグレンは独自の浸透技術でしっかりハイドロキノンを効かせるから、濃いシミや大きいシミに実感しやすく、リピーターも多いんですね。

白ゆきは、乾燥肌で昔のビーグレンではちょっと潤いが足らなかったけれど、化粧水がリニューアルしてすごく潤うようになり、ビーグレンの美白ケアシリーズがとても使いやすくなりました。冬でも美白ケアができるようになったのが嬉しいです♪

リピーターの高い美白コスメ
シミの悩みが深い人・くすみがちな人に↓


 
アスタリフトホワイト(富士フイルム)

美白とシワなどエイジングケアしたい人

アスタリフトホワイトの特徴

アスタリフトホワイトも冬でも使える保湿力の高い美白化粧品です。刺激も全くなく、敏感肌や皮膚が薄くて強い美白成分を使いたくないという人におすすめ。全製品に老化防止に良い抗酸化成分アスタキサンチンを含み、シミ、くすみの他、シワやたるみなどエイジングケアをしたい人に人気があります。

濃いシミ シミ予防 保湿 低刺激

アスタリフトホワイトの感想by白ゆき

アスタリフトホワイトブライトローションは、肌がたぷたぷになるほど保湿力が高く、とても使いやすい美白化粧水!アスタリフトホワイトは、今まで消えなかったシミに働きかける美白美容液や、シミの原因となる酸化を防ぐアスタキサンチンなど攻めの美白を行っているブランドですが、肌への刺激がなく身体が疲れて肌が不調な時でも美白ケアできる点が嬉しいです♪

シミへの即効性はありませんが、肌のくすみが抜けて明るくなってくる他、肌にハリ感も出てくると感じます。刺激がないので、日焼けして肌の状態が不安定でも使える点がお気に入りです。

美白とシワなどエイジングケアしたい人に↓


 
シミウス薬用ホワイトニングリフトケアジェル(メビウス製薬)

オールインワンで美白したい人に

薬用ホワイトニングリフトケアジェルの特徴

美白用のオールインワンジェルです。シミウスの薬用ホワイトニングリフトケアジェルは、マッサージでシミの元であるメラニンを排出!強い美白成分を使わず、血行促進+保湿でシミ対策をするので、肌への負担が非常に少ない美白化粧品です。マッサージによるリフトアップ効果も期待大の◎です

濃いシミ シミ予防 保湿 低刺激

薬用ホワイトニングリフトケアジェルの感想by白ゆき

マッサージを取り入れながら美白ケアをするオールインワンです。マッサージってシミにならない?と不安に思っていましたが、ジェルを指につけてグッと肌を強く推しても摩擦が起きないよう作られているため、問題ありませんでした。リンパに沿って血行を良くし、皮膚の奥にたまった隠れジミにもアプローチするので、白ゆきは3か月ほどで、顔全体の印象が変わってきました

オールインワンで、乾燥肌の白ゆきにはやや保湿不足。私はシミウス薬用ホワイトニングリフトケアジェルの前に、普通の保湿化粧水を使うと丁度良いです。強い美白成分を使っていないので、自然に近い力で美白をしたい人におすすめです!

オールインワンで美白したい人に↓


 
サエル (ディセンシア)

敏感肌で美白できなかった人・くすみがちな人に

サエルの特徴

敏感肌で美白化粧品が使えなかった人におすすめです。肌が弱いと美白成分で肌荒れを起こす事もありますよね。敏感肌専門ブランドのディセンシアは、敏感肌に薄い疑似バリアを作り、炎症の原因となる刺激をシャットダウン。そのヴェールの中で水分を逃さず、美肌成分が効きやすいよう導きます。

濃いシミ シミ予防 保湿 低刺激

サエルの感想by白ゆき

サエルは敏感肌専門だけあって、超低刺激です。生理前や季節の変わり目など、肌が不調な時でも使えるのがサエルの美白化粧品です。化粧水に入っているビタミンC誘導体は、肌を乾燥させることもあるのにしっとりしているので、肌の調子が悪くてもローションパックで美白+保湿ケアができてしまいます。

ややこってりした美白クリームが肌バリアを守ってくれるので皮膚が薄くて刺激を受けやすい私には、とても使いやすかったです。また美白美容液はくすみに良いとの事で、春先から使うと夏の終わりでも肌が日焼けでくすんだようにならず調子がいいです。

敏感肌で美白できなかった人・くすみがちな人に↓

 

1回シミが出ると、あっという間に増えるのはなぜなの?

 

皮膚表面には出ていなくても、皮膚の下にシミが眠っている事もあるの。エステで特殊なライトをあてたら、シミが浮かび上がってきたことない?

 

自分の皮膚の奥にある隠れジミを見て、ギャーとなった事ある。これ全部将来シミになるの?(ぷるぷる)

 

これは、紫外線や乾燥、ストレス、刺激などによりメラニンがたまっている状態でまだシミの予備軍よ。でもこのシミの予備軍をシミにさせないケアをしないと、一気にシミが出ちゃう事があるの。

 

シミのケア方法教えて〜

シミ対策に必要なことは3つ

  1. 今のシミを薄くする
  2. これ以上シミを増やさないお手入れ
  3. 将来の美肌にむけてのお手入れする
透明感を手に入れるためにシミ対策に必要な事は上記の3つです。具体的に見ていきましょう。
今のシミを薄くする方法
美白化粧品を使う、皮膚科治療をする、レーザーでシミをとるなどの方法があります。

最も手軽なのが美白化粧水など、スキンケアで対処する方法

美白成分にはシミを予防するだけでシミを消す効果はない、と言われる事もありますが、実際にはシミを薄くするハイドロキノンのような成分もあります。また薄い出来たばかりのシミの場合、わざわざ美白化粧品を使わなくても、きちんと保湿を行ったり、マッサージで血行を良くしたりするだけでシミが消える事があります。

皮膚科でハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏を処方してもらう

次に手軽なのが、皮膚科でハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏を処方してもらう事です。化粧品で購入するハイドロキノンよりも濃度が高いので、皮膚や身体への影響を医師に観察してもらいながら治療をします。

レーザーによるシミ治療

薄くするだけでなくシミを除去したし人におすすめです。確実性が高くまた早くシミを消す事ができます。注意したいのがレーザーでシミ除去をしてもまた同じ場所にシミが出来るケースがある事。シミの再発と呼ぶ方もいますが、治療時のレーザーにより色素沈着をしたため起こる現象です。確率的には50%ほどです。レーザー治療後もハイドロキノンを処方してもらうなど、アフターフォローをしっかりした医院やクリニックを選ぶようにしましょう。

シミを増やさない・くすませないお手入れ方法
美白化粧水などの美白コスメを使用する事、肌を乾燥させない事、紫外線対策を行う事などが有効です。

美白化粧水にはビタミンC誘導体が含まれている事が多いのですが、このビタミンC誘導体はシミ予防や透明感のある肌を手に入れるのに適しています

ビタミンC誘導体は、簡単に言うとビタミンCを化粧品でも使いやすくしたもの。シミ予防はもちろん、メラニンを還元して無色化する作用もあるため、出来てしまったシミ、くすみにも有効です。個人的には白ゆきはビタミンC誘導体を使うと肌がぱっと明るくなるので頻繁にスキンケアに取り入れています。ただしビタミンC誘導体化粧水は肌を乾燥させるものもあるので、保湿力の高いもの、または保湿クリームなどで潤いを補う事をおすすめします。

上でご紹介した中では、ビーグレン化粧水、サエル化粧水にビタミンC誘導体が含まれます。どちらの美白化粧水も高保湿ですよ♪

将来の美肌にむけてのお手入れする方法
洗顔でゴシゴシこすらない、果物やサプリでビタミンCをとる、お風呂やウォーキングで血行を良くするなどの方法があります。

特に気を付けたいのが摩擦!自分では気を付けているつもりでも洗顔時、ファンデーションやチークなどメイクをする時など意外に肌に力を加えている方は多いです。

お風呂に入る事がなぜシミに良いの?と思われるかもしれません。メラニンが出来ても代謝で排出されればシミはできないのですが、血行不良によりメラニンが滞り蓄積されるとシミになります。老廃物がたまっているイメージです。シミに限らない話ですが、排出されやすい体にしておくのは、美容にも健康にもとても大切です。

 

結局、やらなくてはいけない事が多くて難しそう。。簡単にできる方法でシミを目立たなくして新しいシミを作りたくないの。

 

日焼け止めを使う、保湿力の高い美白化粧品を使う、入浴する、これだけでお肌はだいぶ違うのよ。


美白への近道!紫外線対策について
シミ撃退で透明感のある肌に!おすすめ美白化粧水
シミと血行の関係